WoT/PS4版Blog~徒然戦車道~

WoT/PS4版(CS版)スーパーユニカム(笑)Blog。直近WN8:4000over。CW世界7位、クランコンペディションTier8&Tier10世界1位。

Tier10軽戦車最強!?ランキング!(個人的)

 

 皆さん、こんばんは。今回はTier10軽戦車の最強ランキングを発表したいと思います。全軽戦車を持っているわけではないので、敵として相対した時の脅威度が基準になります。

 

 

 

第1位 ソ連  T-100 LT

f:id:da26:20180621210054p:plain

 あり得ないほどの低車高、圧倒的走破性を持つこの車輌がトップにランクイン。

 同格LTすら発見に手間取る隠蔽性を持ち、走行中では巨人に上から踏み潰されたような低車高と他の追随を許さない圧倒的機動性で走り回られると味方の弾がまるで当たらない。そもそも軽戦車に射撃する気あるの?って思うくらい。

 マッチングで敵に見ただけで、「あぁ、また私が削らないといけないのか」と溜息をつきたくなります。味方が当てないから中盤以降生き残っていると勝率5%くらい落ちる気がしてきます。みんなちゃんと撃とうな。

 欠点は視界390mと主砲の精度です。精度0.44はガバい。中距離以降の射撃は当たってくれよと祈りながら撃っているでしょう。貫通力も不足気味です。しかし、砲拡散は異常に良く、走っていても殆ど拡散しません。その為、近距離でのNDKでは脅威的な命中精度を誇ります。稜線の隙間からの射撃も車高の低さのおかげで投影面積が非常に小さく一方的に撃ちやすい。

 非常に高い隠蔽性と驚異的機動性で、終盤まで残ると非常に厄介な戦車です。

 

 

第2位 ドイツ Rhm.Pzw.

f:id:da26:20180621210206p:plain

 アプデ4.6、4.7、そしてサイレントBuffの結果、RPMが6.67→8.11まで上がっている。ラマー・戦友で装填時間6.23秒、DPM3081。ラマー・戦友・換気扇・食糧で装填時間5.86秒、DPM3276と驚異的な性能となった。隠蔽周りの性能もBuffされており、かなり扱いやすい性能になっている。

 精度0.36、照準時間1.6秒、俯角-10°と射撃の快適性はピカイチ。DPMもBuffされたことにより良好で、Tier10LTの中でも射撃に特化した車両として仕上がっている。また、HEの貫通力も120mmと高い。

 最高速度は高いがスピードに乗ってからの旋回性が悪く、Ru251から長く・高くなった車体と合わせて被弾しやすい点と、装甲も榴弾が貫通するほど薄いので立ち回りには注意が必要です。

 機動性と隠蔽性を活かしてガンガン優れた主砲を活かしていく運用が出来、T100 LTとは差別化された面白い軽戦車になりました。

 

 

 

第3位

アメリカTier10LT XM551 Sheridan

f:id:da26:20180621210126p:plain

 アメリカの優秀な俯角と高DPMで扱いやすい支援射撃寄りの軽戦車です。同格LTで最高のDPMと俯角10°と高単発390で射撃性能は随一です。精度は0.4と悪いが、照準時間が1.7秒の為、遠距離でなければそれほど外れる印象はない。移動時や砲塔旋回時の拡散が小さいのが大きな要因でしょう。

 機動性は同格LTで一番低く、T49からほぼ進化していないのですが、中戦車と比べれば快速で通行料を取りに走るには十分な性能です。隠蔽は同格LT最低ですが、視界は420mあるので拡張パーツやスキルで視界マシマシにしてしまえば中戦車相手には有利を取れます。

 装甲は薄いのですが、空間装甲が全身を覆うため時々被弾を防ぐことがある不思議装甲です。

 152mm榴弾運用するならば、T49のままでいいと思います。前身のT49よりも大型化した車体と精度・照準時間が挙がったとはいえ拡散が悪くなったことを考えると、移動後の照準時間が結局T49より長くなるので、あまりいいとは思えません(個人的に)。

 軽戦車として視界取りはもちろんだが、火力支援も積極的に行わなければこいつの性能を十全に発揮したとは言えないでしょう。隠蔽性の低さもあるので、絶えず自分が有利なポジションへ都度リポジすることが大切です。扱いは正直難しくLTにもMTにもなれない独特の立ち位置です。

 

第4位

中国Tier10LT WZ132-1

f:id:da26:20180621210141p:plain

 正直、シェリダンとどっちを3位にするか迷いました。が、扱いやすさや地形的性ではあちらに軍配が上がるためこのようなランキングとなりました。

 一言で言うならば、「軽戦車並の機動力を持つ中戦車(軽戦車だよ!)」「中戦車の仕事もできる軽戦車(そうだよ)」といった感じの性能でしょうか。登り坂でも高い機動性を誇り、どんな地形でもスイスイ進めます。

 精度、装填速度はイマイチですが、単発390はソ連系中戦車を上回っています。隠蔽性も高いです。砲塔は中々固いお椀型砲塔に加え、空間装甲が各所にあるのでHEAT弾を防ぐこともあります。俯角が5°しかなく7°あれば・・・と惜しい思いです。

 バランスよく仕上がった戦車で中々良い車輌だと思いますね。機動性と隠蔽性をいかして中戦車の仕事もできる軽戦車として動きましょう。

 

 

 

第5位

フランスTier10LT AMX 13 105

f:id:da26:20180621210221p:plain

 今のところ相対してこの車輌が強いと感じたことはありません。ぶっちゃけこいつに乗るならバッチャで良くない?とか13 90で良くない?とか思ってしまう。

 単発390の3連射が特徴だが連射間隔がバッチャと同じで、バッチャなら5連射できるし13 90なら0.5秒ほど短い連射感覚なので被弾リスクを下げれる。

 旋回性が13 90より低下しているようで射撃を当てにくいと思ったことはない。視界もバッチャに10m劣る390mでT-100 LTと変わらないし、隠蔽性もT-100 LTに劣る。

 今のところ、存在意義が見出せないと言わざるを得ない。Tier10の高い開発費をこいつに回す前に作る車輌があると思います。軽戦車の性能でこのランキングというよりは同国内での類似車輌との比較でこのランキングになったという感じ。

 

性能比較簡易まとめ

 

主砲性能

独>ソ・仏・米>中

機動性

ソ>中>独・仏

俯角

米・独>仏>ソ・中

隠蔽性

ソ>仏>中・独>米

視界

米・独>中>仏・ソ

 

 T 100LTは他の軽戦車では出来ない運用が可能で、CWでも採用の可能性があるとすればこいつくらいなので不動の一位と言えるでしょう。ライパンは強化され過ぎてかなり優秀になりました。正直、強戦車に入れても良い性能ではないかと思っています。3位はシェリダンとしましたが、正直LT・MTどっちつかずな感じで扱いが難しいです。一定の場面だとかなりの性能を発揮するのですが、昨今の戦場とはミスマッチな性能に感じます。

 Tier10LTを作りたいなら、1,2位なら作ってもいいのではといった感じでしょうか。あくまで個人的なランキングで、実際使ってみるとまた違った感想になるかもしれませんが現状の私の中ではこんな感じです。T-100LTとライパンはきっと凄く楽しいと思います

 

あわせて読みたい