WoT/PS4版Blog~徒然戦車道~

WoT/PS4版(CS版)スーパーユニカム(笑)Blog。直近WN8:4000over

Tier10ローダー重戦車比較

 

 

 こんばんはー。

 今回は、Tier10ローダー重戦車、T57 Heavy・AMX 50B・Kranvanの3両の性能を比較したいと思います。開発を迷っている方の判断基準の一つになればと。実際、私がどれ作ろうか非常に迷ってるのもあって調べてみようと思いました。

※AMX50Bの照準時間がCS版3.0秒だったので修正しました。なんでや!

 

主砲性能

T57 Heavy

f:id:da26:20180802175348p:plain

 単発:400 弾倉火力:1600/4発

 連射間隔:2s

 貫通力:AP-258/HEAT-340

 精度:0.35 照準時間:2.9s

 装填時間:25s

 俯仰角:-8°/+12°

 総弾数:36発 

  

AMX 50B

f:id:da26:20180802175449p:plain

 単発:400 弾倉火力:1600/4発

 連射間隔:2.5s

 貫通力:AP-257/APCR-325

 精度:0.35 照準時間:3.0s

 装填時間:32s

 俯仰角:-10°/+12°

 総弾数:56発 

※赤字部分はver4.6で変更箇所

 

Kranvagn

f:id:da26:20180802175525p:plain

 単発:400 弾倉火力:1600/4発

 連射間隔:3s

 貫通力:AP-252/HEAT-300

 精度:0.35 照準時間:2.9s

 装填時間:33s

 俯仰角:-12°/+10°

 総弾数:36発

※赤字部分はver4.6で変更箇所 

 

まとめ

 連射間隔、装填時間はT57heavyが最優です。装填時間25秒、初弾発射から撃ち切りまで6秒は優秀過ぎる。ただし、照準時間が2.9秒のため連射間隔に絞りが間に合わないのが難点ですね。次点はAMX 50B。連射間隔2.5秒、照準時間3.0秒でこいつも絞り切れません。初弾から撃ち切りまでは7.5秒かかりますね。まぁバッチャよりも早いので充分とも言えるのではないでしょうか。反撃をもらう可能性は高いですが。装填時間は57heavyより5秒長く、30秒です。最下位はKranvan。連射間隔3秒、照準時間2.5秒とどの場面でも確実に絞り切れますか連射間隔が遅く撃ち切りまで9秒かかります。確実に反撃をもらうでしょう。最も後述する砲塔の硬さがあるので稜線があれば無傷で撤退することも可能です。装填時間は最も遅い33秒。他2両に明確に劣ります。

 次に貫通力ですが、単純な数値だと57heavyのHEAT340が最も高いです。固い重戦車を正面から貫通しやすく有効打を与えやすいですね。しかし、快速の移動目標や遠距離射撃だと弾速の遅さと照準時間が間に合わない問題が足を引っ張るでしょう。また、HEATのため空間装甲に弱く、履帯ハメなどがしにくいのは弱点とも言えます。次点はAMX50BのAPCR325です。貫通力こそ57heavyに劣りますが、使いやすく弾速の早いAPCRで履帯ハメも簡単です。連射間隔と照準時間のバランスもよく、弾速があるので遠距離射撃もなかなか有効です。総合的なバランスの良さで言えば50Bが最も良いでしょう。最後にKranvanですが、貫通力においてHEAT300は悪いとはっきり言えます。空間装甲に弱いHEATで弾速も遅く履帯ハメもしにくい。弱点を狙えば抜ける貫通力ではありますが、貫通力の下振れや敵の防御姿勢など不確定要素を鑑みるとやはり満足な数値とは言えません。連射間隔の遅さも他2両より弱点を狙い続ける時間が減る要因になることもあるでしょう。ただ、後述する砲塔の硬さがあるので戦う場所と装甲でカバーできる場面もあると思います。

 俯角の部門においてはKranvanが最も優れる-12°を誇ります。地形適正は間違いなくNo.1です。次点はAMX50Bの-10°。ただし、砲塔が柔らかいので防御姿勢と言うよりは射撃機会を得るためのハルダウンですね。数値上はトップを取り続けた57heavyですが、ここは最下位の-8°。良い数値ではありますが、俯角10°と12°の圧倒的射撃機会の多さには負けます。どの車両も優秀な数値ではありますが、逆に仰角は全然取れないのでご注意を。

 これらを踏まえて攻撃性能で優劣を付けるならば、

 T57heavy≧AMX50B> Kranvan

 と言ったところでしょう。俯角と課金弾の差でAMX50Bもかなり良いのですが、流石に連射間隔2sの強みには劣ります。ただ、様々な場面での適応性の高さからこのような結果としました。

 

耐久性

 

T57heavy

 HP:2,250

 車体装甲:228/44/44

 砲塔装甲:152/127/50

 

AMX 50B

 HP:2,100

 車体装甲:170/30/30

 砲塔装甲:100/50/30

 

Kranvan

 HP:2,100

 車体装甲:90/70/37

 砲塔装甲:225/70/37

※赤字部分はver4.6で変更箇所

 

まとめ

 HPは57heavyが一番高く、次いで50B、Kranvanの順です。特にKranvanのHP2000はかなり低い。正面の砲塔の硬さでカバーですね。50Bは完全に体力交換用のヘルスと思って、直撃を受ければまずでダメージを貰うという考えでいいでしょう。

 さて、車体装甲では57heavyが一番かな。Tier9のM103と同等で上面は結構弾けます。下部は弱点なので貫通が見込めます。ただ、アメリカ車体下部の形状は適当に狙うと弾かれることがあるので入射角は考えましょう。次点はKranvanですかね。固いとは言えないのですが、車体上面は鋭い傾斜があり平地だと強制跳弾も狙えるため意外と弾かれます。ハルダウンすれば傾斜がより良くなり、稜線で車体上面がはみ出ても弾くでしょう。ま、でも通常時は傾斜込みで210mmしかないので平地だと防御力は発揮できないと思った方がいいです。最後は50B。車体はスパスパ抜かれます。正面上部ならば弾きます。そこ以外はオールフリーです。オートエイムで車体上面を撃ってきた場合のみ弾けるでしょう。基本即貫通と思ってください。

 砲塔装甲ですが、Kranvanが圧倒的に固いです。砲塔正面は傾斜込みで平地ですら360mm相当、最大俯角でのハルダウンで490mm相当と、全車両貫通不可レベルです。固スギィ!ただ、俯角を取れば取るほどキューポラの投影面積が大きくなる仕様であり、ハルダウン時のKranvanを相手にするならばキューポラを狙うしかありません。他の対抗手段は大口径榴弾くらいですね。少しでもよそ見してくれれば側面は薄いので貫通可能です。ハルダウン中のKranvanを相手にするなら、味方と反対方面からクロスファイアを狙える位置が望ましいです。そもそも相手にしたくはありませんが・・・。次点は57heavyですね。砲塔の上部は一定の防御力はあります。しかし、砲塔下部は弱く格下ですら貫通可能です。わかりやすく言うと57heavyの砲塔は下側の砲塔旋回を担当する部分と俯仰角を取る部分でパーツが分かれており、前者の部分がスパスパ抜けるのです。アメリカの星マークの部分撃ってりゃいいのです。弱点知らない相手だとそこそこの防御力がありますが、知ってる相手には防御力を期待出来ません。AMX50Bは砲塔スパスパです。仮に弾くことがあれば乱数の神に感謝しましょう、以上。

 耐久性はこの順でしょうか。

 Kranvan≧T57heavy>AMX50B

 ハルダウンができればKranvanが圧倒的。平地であれば57heavyの車体がちょこちょこ弾くといった程度でしょうか。まぁ、ローダー重戦車は味方重戦車と連携して動くものですし単体の防御性能を過信するより、味方と自分のヘルス管理が大事と言えるでしょう。

 

機動性

 

T57heavy

 最高速:35.4/12

 馬力:810

 出力重量比:14.88

 旋回速度:36°/s

 

AMX 50B

 最高速:65/20

 馬力:1200

 出力重量比:19.29

 旋回速度:36°/s

 

 Kranvan

 最高速:60/18

 馬力:700

 出力重量比:15.63

 旋回速度:30°/s

 

まとめ

 機動性においては中戦車並みのAMX50Bが一番良いです。陣地転換、射撃位置の変更などがやりやすいです。自由度が高くなるのが強みですね。次点はKranvan。50Bには劣るが、重戦車としてはかなりの快速。速度を活かしてハルダウンポジに駆け込もう。57heavyは普通の重戦車ですね。味方重戦車に随伴できる速力です。

 機動性で言えばこんな感じ。

 AMX50B> Kranvan> T57heavy

 AMX50Bは装甲で劣る代わりに他を圧倒する機動性があります。これをうまく活かせればより大きな戦果を上げることが可能です。

 

まとめ

 攻撃重視のバランス型が欲しいなら T57heavy、攻撃の安定感と機動性の両立を望むならAMX50B、ハルダウン時の防御力とローダーを併せ持ちたいならKranvanといったところでしょう。この辺りの好みは個人のプレイスタイルに寄るので、自分の好きな戦車の傾向から判断すると良いでしょう。私はT57heavyか50Bかなー。ツリー的に50 100も貰えるフランスを進め始めましたね。50B照準時間3秒とか聞いてませんよ!
 それでは、今回はここまで。皆さんもローダー重デビューしませんか?
 

 

あわせて読みたい