WoT/PS4版Blog~徒然戦車道~

WoT/PS4版(CS版)スーパーユニカム(笑)Blog。直近WN8:4000over。CW世界7位、クランコンペディションTier8&Tier10世界1位。

Object 416戦車レビュー

 

 皆さん、こんばんは。

 今回は、ソ連Tier8中戦車「Object 416」について解説します。裏返したフライパンのような愛くるしいルックス、人が乗れるの?って思う低い車高、高隠蔽と強力な主砲を持つ中戦車です。俯角-3°と限定旋回砲塔を使いこなせば強力な戦車です。

Object 416 - World of Tanks PS4版 Wiki*

 

f:id:da26:20181025175112p:plain

「光沢が非常にセクシー。低車高が目立ちますね」

 

f:id:da26:20181025175202p:plain

「416の2両プラです。それぞれ別の迷彩を使っていますが、どちらも悪くないですね」

 

f:id:da26:20190717173446j:plain

「汚いフライパンだなぁ」

 

 

火力面

 主砲は100 mm M-63搭載時。

 単発:320/420

 弾種:AP/HEAT/HE

 貫通力:201/330/50

 総弾数:35発

 装填時間:6.74s(ラマー,戦友)

 DPM:2,848

 精度:0.37

 照準時間:2.30s

 砲塔旋回:40°/s

 俯仰角:-3°/+15°

 射界:左右75°

 

 単発320と同格でも上位の威力を持ち、貫通力330mmのHEAT弾が使える為非常に強力な主砲です。DPMも高く精度・照準時間もなかなかです。

 しかし、致命的な欠点が二つあります。一つ目は俯角と仰角です。最大俯角が立った-3°しかなく稜線はもちろん、平地のちょっとした坂でも射撃できなかったりします。車高が低いのでKV-85などに比べれば比較的マシですが、それでもこれは劣悪と言わざるを得ません。これに後部砲塔が加わり使いづらさに拍車を掛けています。

 二つ目は左右75°までの限定旋回砲塔です。中戦車としてあるまじき限定旋回砲塔は狙撃時も不便ですが、軽・中戦車との機動戦でも足を引っ張ります。後ろ側に回り込まれると全く撃てません。自身の位置取りを慎重に考えるべきです。

 しかし、それらの欠点を上手く実力でカバーすればTier8でもぶっつぎりの主砲性能と言えます。俯角は坂道やちょっとした稜線を利用してケツを上げることで、俯角を作り出すことができますし限定旋回砲塔も前に出過ぎない、旋回戦では敵との距離感を保ちつつ旋回するなどの工夫でカバーが可能です。

 これまでの中戦車とは違った立ち回りが必要なので創意工夫が楽しい戦車です。

 

機動性

 最高速度(前/後)(km/h):50/20

 旋回速度:54°/s

 馬力:500hp

 出力重量比:16.67

 

 最高速度はなかなかですが、エンジンが弱いためか若干走り出しに鈍さを感じます。悪くはないのですが、時々気にかかる感じですね。

 旋回速度は非常に高いので、左右の限定旋回砲塔の弱点をカバーするためにも自身の位置取りに気を付ければ回り込まれて手も足も出ないなんてことはないでしょう。また、超信地旋回も可能なので敵が回り込もうとしていたら前進・後退せずに、その場で旋回するのも一つの手でしょう。

 416の機動性は自分が戦いやすいポイントに陣取るためのものです。

 

耐久性

 HP:1,200

 車体装甲(mm):75/45/45

 砲塔装甲(mm):110/75/45 

 

車体

 車高の低さゆえに敵が弾を外してくれる可能性もありますが、期待はし過ぎないように。車体正面にエンジンがあるためエンジンの損傷や火災のリスクには注意が必要です。車体は柔らかいと言えますが、豚飯を使えば履帯部分に撃たせれば何とか跳弾を狙える、HEATなら履帯吸収が狙える、投影面積が小さくなるといった効果が期待できます。あくまでギリギリ豚飯が可能なレベルなので過信しないように。

 むしろ416はHPが1200しかないので序盤ではほぼ減らさないつもりで立ち回る必要があります。

砲塔

 砲塔も実は薄い方です。傾斜のきつい外縁部は200~300mmほどの防御力が見込めますが、正面の防楯の両脇が広い面にわたって120~180mm程度しかないためこのTier帯ならまず貫通されます。416が防御力を発揮するには豚飯でほんの一瞬だけ出て外縁部を撃たせるというテクニックが必要でしょう。

 

視界・隠蔽

 視界:380m

 

 視界は380mとやや低めです。しかし、隠蔽率がとんでもなく高いです。Object 416が車輌迷彩、迷彩スキル、戦友、レンズ装備とし、仮想的をObject 140(車輌迷彩、迷彩スキル、状況判断、レンズ、戦友、食糧、視界=486m)とします。

 平地で静止状態のObject 416が発見される距離は277.67mで逆にObject 140を303.90mで発見することが出来ます。移動時は416が334.23m、140が355.50m。発砲時が416は409.75m、140が444,81mで発見されます。

 これに中サイズの茂みを使うと416の隠蔽率はさらに向上します。静止時168.65m、移動時237.75m、発砲時313.27mも発見されません。静止時の隠蔽性能はゲーム中の軽戦車のほぼすべてを上回ります。なんだこいつ!

 Tier10中戦車上位のObject 140相手に対して視界有利を取れるという凄さが理解して頂けたでしょうか。この隠蔽性を活かせば、活かせるマップならば416は好成績を残し続けられます。

 

供給品・拡張パーツ

 私はAP10発、APCR25発。

 修理キット(小)、救急キット(小)、自動消火器。

 ラマー、スタビ、カニ眼鏡。

 

 スタンダードな構成にしていますが、モジュール耐久が低くよくモジュールが損傷するのでスキルが豊富な搭乗員がいるなら、スキル「何でも屋」をつけて救急キットを下ろし、修理キットを2個積みするのもありかもしれません。

 

まとめ 

 主砲性能と隠蔽性が圧倒的な中戦車です。しかし、俯角や限定旋回砲塔、後部砲塔など癖が非常に強い戦車でもあります。

 序盤は置き偵察、もしくは駆逐戦車のように狙撃を中心に行い、HPを減らさないように最大限気を付け、後半で残したHPを有効活用していく運用が主になります。

 他の中戦車と違い稜線や街角を飛び出してさっと撃つというような能動的な行動が取り辛く、少ないHPもあって行動は慎重にならざるを得ません。時には豚飯を使ってどんどん撃ち込んでいくような大胆さも必要ですが、むやみにHPを減らさないということも念頭に置きましょう。

 上級者向きの戦車だと思います。間違いなく強くはあるのですが「強戦車まとめ」に加えるにはピーキー過ぎる性能で玄人向きなので「良戦車まとめ」に留めておきます。ただ、416は間違いなく強い、それだけは言えます。

 416を運用できるようになれば更なるスキルアップが望めるので挑戦してみるのも一興かもしれません。新ソ連中戦車2両のルートの途中にもあるので挑戦する人が増えるかも?私はもう終わっているのでさっさと430U乗りたいですね。

 

 

関連記事