WoT/PS4版Blog~徒然戦車道~

WoT/PS4版(CS版)スーパーユニカム(笑)Blog。直近WN8:4000over

53TP Markowskiego戦車レビュー

 

 皆さん、こんばんは。

 今回はポーランドTier8重戦車「53TP Markowskiego」について解説します。

f:id:da26:20190220165017p:plain

 

 

火力面

 主砲は105mm Bofors wz. 34 搭載時。

 単発:420/550

 弾種:AP/APCR/HE

 貫通力:218/245/61

 総弾数:34発

 装填時間:12.05s(ラマー,戦友,換気扇)

 DPM:2,091

 精度:0.38

 照準時間:3.0s

 砲塔旋回:26°/s

 俯仰角:-8°/+20°

 

 Super coolな調整の犠牲者。本来は、同じカスタマイズで装填時間が2秒早く、照準時間が0.3秒早かった。

 閑話休題。Tier8としては高めの単発420ダメージ、俯角-8°となかなか良い性能だが、貫通力が課金弾で245mmと低く格上相手には苦戦を強いられる。

 照準時間も3秒とPC版よりも性能が落とされてるので、単発の割には絞りが速いという強みが消されているのが痛い。DPMも落とされており、高単発の割にはDPMが平均以上あったはずが、平均並みからそれ以下に落とされ、実数値で行くとDPMは約300低下している。CS版の悲しき調整の被害者である。

 

機動性

 最高速度(前/後)(km/h):40/16

 旋回速度:32°/s

 馬力:800hp

 出力重量比:13.95

 

 最高速度・出力重量比・旋回共に同格重戦車でも優秀な数値を誇る。特に後退速度16km/hは重戦車としてはかなり速い。

 

 

 

耐久性

 HP:1,450

 車体装甲(mm):110/80/50

 砲塔装甲(mm):210/140/90

 

車体

 HPはIS-3より50低く1,450しかないが、ようやくそこそこ頼れる装甲になってきた。正面上部は110mmに傾斜を合わせて170mm~200mm相当と平地ではそこそこだが、ハルダウンを出来ればかなり頼れる装甲となる。

 車体下部は同一の110mm装甲で更に傾斜が強いため、なんなら上部よりも若干固い。

砲塔

 ようやく重戦車らしい装甲となり210mmの傾斜装甲のため、ほぼ全域が280mm以上の防御力を発揮するため、同格で貫通させるのは難しくなり、ハルダウン時は非常に頼れる。

 オデコ部分は前身より10mm減厚し、50mmだが鋭い傾斜で強制跳弾を狙える。しかし、152mm以上の主砲には3倍ルールで貫通されるので注意が必要。

 キューポラは160mm~180mm程度の装甲しかないのでじっくり狙われないように立ち回ろう。また、よそ見をすると砲塔の傾斜が殺されてしまい、防御力が220mm程度になってしまうので正面を向けるようにしよう。

 

視界・隠蔽

 視界:370m

 

 370mとまぁTier相応か。隠蔽はこのTierから悪化していく。

 

供給品・拡張パーツ

 私はAP10発、APCR20発、HE4発。

 修理キット(小)、救急キット(小)、自動消火器。

 ラマー、換気扇、スタビ。

 

まとめ 

 高単発と超重戦車に片足突っ込んでいった割には優秀な機動性、砲塔の防御力などようやくポーランドの強みがはっきりしてくる戦車です。

 これがPC版の性能なら強戦車とも言える地位を狙えないことも「なしよりのあり」だったかもしれない。

 しかし、これまでのような「戦えるけどこいつじゃなくていいよね!」って立ち位置からはようやく脱したって感じかな。

 

あわせて読みたい